工場紹介 PLANT AND EQUIPMENT

未来を見据える巨大プラント。

地球環境に配慮したプラントを構築し、それを稼働させる。
地球環境の保護という、未来へ向けた最も大切な人間の行動に対して、原料を古紙100%という新しいコンセプトで作られたプラント、
それがいわき大王製紙です。

月産9,500トンの新聞用紙、月産40,000トンの段ボール原紙を生み出す巨大な生産ラインも、
そして、工場で使用するための電力を生み出す自家発電設備も、
全ては私たちが暮らす地球環境の保護につながると考えています。

豊かな地球を守り続けるプラントこそ、いわき大王製紙が目指すところ。
そしてここで働く全ての仕事は、地球環境保護という大きな目的に向かって進んでいます。

段ボール原紙製造

製造フロー

製造フロー 製造フロー

1号抄紙機

1997年9月に段ボール原紙の生産を開始。現在、28,500t/月の段ボール原紙を生産しています。
段ボール原紙の製造工程は、まず古紙中の異物を取り除き、古紙パルプを製造することから始まります。
製造した古紙パルプは、バージンパルプと共に抄紙機に送られ、4つの層の湿紙を重ね合わせて乾燥させた後、巻取状の紙に仕上げ段ボール原紙が出来上がります。

概要

  • 生産品目

    Kライナー・白ライナー

  • 生産能力

    月産28,500トン

  • 最大抄幅

    4,650mm

  • 設計抄速

    950m/分

  • 米坪

    160~280g/m2

製品名

  • Kライナー

    ジャストK、ジャストエコノミーK

  • 白ライナー

    ジャストスノーエクセル、ジャストエコノミースノーエクセル

  • ジュートライナー

    ジャストエコノミーC

1号抄紙機

1号抄紙機

3号抄紙機

2014年8月に稼働し、Kライナー・中芯原紙・ジュートライナーの生産を開始しました(13,000t/月)。
既設ライナーマシンの1号抄紙機とあわせ段ボール原紙およそ40,000トン/月の生産体制となりました。
最新の省エネ古紙パルプ製造設備1系列を増設し、従来以上の除塵・精選工程としているため、強度の安定化、異物の少ない原料を抄紙機へ送ります。
中芯製造時は1層、ジュートライナー製造時は2層にて抄造され、乾燥・巻取り・小巻仕上げを経て段ボール原紙が提供されます。

概要

  • 生産品目

    Kライナー、一般中芯、強化中芯、ジュートライナー

  • 生産能力

    月産13,000トン

  • 最大抄幅

    3,500mm

  • 設計抄速

    1,200m/分

  • 米坪

    100~200g/m2

製品名

  • Kライナー

    ジャストエコノミーK

  • 一般中芯

    ジャストエコノミー芯

  • 強化中芯

    ジャスト芯

3号抄紙機

3号抄紙機

新聞用紙製造

製造フロー

製造フロー 製造フロー

2号抄紙機

1997年11月に新聞用紙の生産を開始。1998年6月に国内で初めて古紙100%の新聞用紙の製造に成功し、現在も古紙のみで高品質な新聞用紙の生産を続けています。
新聞用紙の製造工程は、まず古紙から異物・インクを除去し、古紙パルプを製造することから始まります。
製造した古紙パルプは、抄紙機に送られ、巻取状の紙に仕上げ新聞用紙が出来上がります。
完成した新聞用紙は、主に東日本の新聞社に出荷されます。

概要

  • 生産品目

    新聞用紙

  • 生産能力

    月産9,500トン

  • 最大抄幅

    3,252mm

  • 設計抄速

    1,800m/分

  • 米坪

    42~46/m2

2号抄紙機

2号抄紙機

発電施設

環境にやさしい発電設備

当社では、紙生産時に必要となる蒸気や、工場などで使用する電力を賄うため、ボイラーとタービン発電機を設置しています。2008年10月の4号バイオマスボイラー稼働により、これまで運転してきた重油ボイラーを停止しました。現在は、2基のバイオマスボイラーが、化石燃料に替えてバイオマス燃料を使用することで、化石燃料由来のボイラーと比較して、二酸化炭素排出量を85%削減しています。

公害防止に向けた取り組み

当社では環境へのボイラー排ガスなどの排出負荷を常時監視し、低減する運転管理を24時間体制で行っています。各ボイラーの大気環境への排出値については、いわき市との公害防止協定を結び「ばい煙発生源監視テレメーターシステム」によって窒素酸化物・二酸化硫黄などの環境データをいわき市環境監視センターに毎時自動で発信しています。

工場
ボイラー用燃料 ボイラー用燃料
ボイラー設備 燃料 蒸発量
3号バイオマスボイラー ・木質チップ
・RPF
・ペーパースラッジ
65t/h
4号バイオマスボイラー ・木質チップ
・RPF
・チップタイヤ
・ペーパースラッジ
170t/h
バックアップボイラー
(1号ボイラー)
C重油 160t/h
バックアップボイラー
(2号ボイラー)
A重油 60t/h
発電設備 発電出力
1号タービン 33,333kw
2号タービン 7,760kw

排水処理

排水処理設備で、きれいな水環境を守っています。

日々およそ33,900トンの水を、工場近くに流れる鮫川(2級河川)から取水し、各種紙の生産時に使用しています。使用後の水は、いわき市との公害防止協定に基づき、徹底した浄化処理を行った後、鮫川に放流しています。

フロー
  • 排水規制
  • 写真
  • BOD【Biochemical Oxygen Demand】

    生物化学的酸素要求量。河川水や工場排水中の汚濁物質(有機物)の量を表します。数値が高い程、水質が汚濁していることになります。

  • SS【Suspended Solids】

    浮遊物質。水中に浮遊している固形物のこと。数値が大きい程、水の濁り度合いが大きいことを示します。いわき大王製紙では、紙の原料とならなかった排水中の微細繊維などがSSにあたります。